鈴木医院の癌治療無料相談

こちらは鈴木医院の体験談ページなります。

胆管癌についての無料治療相談は下記ページにアクセスをお願いします。

タグ

医者もさじを投げた胆管癌から見事に復活

Pocket

妻の胆管癌が発覚したのは妻が45歳の時でした。妻は以前にも胃潰瘍をしたことがあり、内蔵が弱いタイプです。今度も胃潰瘍か何かだと思って病院に行ったのですが、胆管癌と言われました。しかも肝臓に転移しているとのこと。医者が手術はできないと言った時は、妻を亡くす恐怖に耐えられませんでした。私は妻よりも20歳年上で、妻のほうが先に死ぬなどということは考えたこともありませんでした。私のほうがオロオロとしてしまい、妻のほうが冷静で医者にどのような治療をしていくのか聞いていました。治療が始まると、妻の強さには驚かされました。私なら医者もさじを投げたような状態で辛い治療などとても耐えられそうにありませんが、妻は必死に癌と闘っていました。抗がん剤がよく効き、半年後にはできないと言っていた手術もできました。そして現在は退院し、手術をする前となんら変わりない生活を送っています。堅実な妻はがん保険にも医療保険にも入っており、経済的にも逆に潤ったくらいです。決して諦めてはいけないことを知りました。

Pocket